ちょっとした町の説明

厳しい寒さのおかげで出来るやわらかくあたたかい山中和紙

飛騨市の中でも山奥にある河合町で、鎌倉時代から約800年受け継がれてきた「山中和紙(さんちゅうわし)」をご存じですか?

昔ながらの方法で今も作られており、原料は楮(こうぞ)やネレ(トロロアオイ)です。

【河合町 山中和紙】

山中和紙の生産のカギとなるのが雪。

冬に雪の上で楮をさらし、自然漂白をするんです。

これは豪雪地帯の河合町だからできる技術で、雪深さを逆手にとった方法ともいえます。

冷たい水と体も凍ってしまいそうな雪の中での作業は想像するだけでも大変・・・。

飛騨の冬って本当に寒いんです。

まさに飛騨の方言で「凍みる」って感じの寒さで、芯からしっかりと冷えるような感じ。

【河合町 山中和紙】

山中和紙がこれまで受け継がれてきたのは、水に強くてぬれても墨がにじまない強い繊維構造だからというのが一つの理由と言われています。

この工程を知るとそりゃ強くなるよな~と納得しますよね。

【河合町 山中和紙】

かつてはたくさんいた職人さんもどんどん減っていっています。

その一方で、河合町の卒業証書は山中和紙で作られたりと、とても素敵な方法で活用もされています。

また、山中和紙は間接照明などにも使われていて、灯りがふんわりあたたかくなってそちらもおすすめです。

【河合町 山中和紙】

素朴な風合いがやわらかくてと優しくてナチュラル。

唯一無二さがありますよね。

【飛騨の匠文化館 山中和紙】

古川町の飛騨の匠文化館にはこんなにかわいい山中和紙ハガキがありました。

年賀はがきやクリスマスカードになりそうなデザインのものも!

これで出したら少し変わってるしおしゃれかも。

こうした手に取りやすい商品も、背景を知ると愛着が湧いてきます。

おみやげの候補に山中和紙、いかがでしょうか。

都を造った飛騨の男たちの技を体験できる、飛騨の匠文化館前のページ

やってみたら教えたくなるファビュラスなものづくり体験!次のページ

関連記事

  1. ちょっとした町の説明

    和ろうそくの魅力に再注目!

    飛騨市古川町には『三嶋和ろうそく店』というお店があります。全国に10…

  2. ちょっとした町の説明

    「瀬戸川の鯉」が当たり前の風景になるまで。

    古川町で代表的なのは、瀬戸川と鯉の風景。飛騨市役所の無料駐車…

  3. ちょっといい遊び方

    知らないと損をするかも・・・駐車場問題!

    そもそも、飛騨市ってどこ?というみなさん!【飛騨古川駅】…

  4. ちょっとした町の説明

    宇宙が少し身近になる!カミオカラボ

    「宙(ほし)の便りの届く町」というキャッチフレーズがあるくらい、宇宙…

  5. ちょっといい遊び方

    飲んだら健康になってしまう!?古川町数河「タンナカ高原の水」

    古川町と神岡町を結ぶ数河峠。数河峠を通るといつも車が停まって…

  6. ちょっとした町の説明

    縄文人も愛した妖精が舞う森、池ケ原湿原

    宮川町の奥にある、“妖精が舞う森”を知っていますか?【宮川町…

RECOMMENDATION

PAGE TOP