ちょっといい遊び方

やってみたら教えたくなるファビュラスなものづくり体験!

「Fab」って最近よく聞くけど、なんのことか知っていますか?

実はあらゆるものづくりを指す造語なんです。

fabrication(ファブリケーション)=「製造」の意味があることは知っていたけど、調べてみたらfabulous(ファビュラス)=「素晴らしい」の意味もかけてあるそう。

ものづくりって、昔からあるのに最近になってまた注目されている理由としては、レーザーカッターや3Dプリンタなどのデジタル機器を使った「デジタルファブリケーション」が一般的に楽しめるようになってきたということも。

飛騨市でのFabの中心になっている「Fabcafe Hida」さんは、古民家を利用したカフェ。

深い木の色が落ち着くけど、中には最新機器が!

古いものと新しいものが絶妙に合っている、そのギャッブがまた素敵です。

さて、体験はというと、面積の93%が森林である飛騨市の広葉樹を使ったものや地元の企業とコラボしたものばかり。

お酒を飲む升に好きな文字をレーザーカッターで刻印してオリジナルのものを作ったり、iPadで描いたデザインを広葉樹のスタンプにしたり・・・

紙やすりだけで作れる木のスプーンと地元牧成舎の濃厚なアイスのセットは、安全だし子どもたちも大喜びです。

お手軽で体験しやすいのは、たくさんの樹種から選んで作るマイ箸。

色も匂いも違うので選ぶところから真剣になっちゃいます。

丁寧に削っていくと愛着が湧いてくる~

木の香りもして気分もいいです。

完成!!

スタッフさんも優しく教えてくれるし、出来上がるころにはこの箸が可愛くも思えてくる!

早く使いたいな~。

体験については飛び込みでも出来るけど、機器には数の限りがあるので予約がおすすめです。

Fabcafe HidaのHPから予約できるし体験についても詳しく書いてありますよ!

カフェでは飛騨市で豊富な薬草を使ったドリンクや「月一ご褒美ランチ」などもやっていますよ!

個人的には、香りが良い「くろもじミルクティー」をいつもオーダーしてしまいます。

体験の後はドリンクをテイクアウトしてぶらぶら散策の続きを・・・。

厳しい寒さのおかげで出来るやわらかくあたたかい山中和紙前のページ

家族も友情も恋愛も・・・すべての良縁は「三寺まいり」で。次のページ

関連記事

  1. ちょっといい遊び方

    古代から現代へ健康の知恵、飛騨の薬草とひだ森のめぐみ

    飛騨市は、岐阜県の最北部に位置する市で、2004年の平成の大合併によ…

  2. のぞき見飛騨

    のぞき見飛騨 冬

    最近ぐっと冷え込みだしましたね~。飛騨ではついに初雪が降り、…

  3. ちょっといい遊び方

    「ワンコイン古川さんぽ」をしてみた

    今回は、朝10:00頃から古川町の瀬戸川周辺をワンコインでどれだけ遊…

  4. のぞき見飛騨

    黄色に染まる秋の古川町

    飛騨市古川町。飛騨市の中では観光客が多く訪れるにもかかわらず…

  5. ちょっといい遊び方

    都を造った飛騨の男たちの技を体験できる、飛騨の匠文化館

    今回は、これから来る寒い季節でも雨の日でも遊べる古川町内の飛騨の匠文…

RECOMMENDATION

PAGE TOP