ちょっとした町の説明

山菜の宝庫、春の飛騨。

山菜が出てきだすと、一気に春になったな~と実感しますね。

食べるよりも見つけて採る方が楽しみだったりします。

山菜の歴史は古く、なんと5000年以上も前の縄文時代から人間は山菜を食べていたとされているそう。

そういうのって、本当に体にいいものって感じがします。

雪国の山菜はおいしいと言われる理由は、アクが少ないから。

山菜は虫などから生き延びるためにアクを強くするそうなんですが、雪が多い地域だと虫なども少ないので、アクが少なくても生き延びられたという説があります。

それから、雪が溶けてから顔を出す山菜は、徐々に雪解けしていく飛騨のような地域では長い間楽しめるということもあり、馴染みも深くなっているのかもしれませんね。

山菜ってひとくくりに言っても、地に生えてくるものとか木の芽とか、味も合う調理法もそれぞれあって知っていくとおもしろいんです。

【河合町 やまさち工房】

河合町のやまさち工房では、通年でいろいろな種類の加工品を買うことができます。

日持ちもするのでおみやげや贈り物にもぴったり!

【古川町 地場産市場ひだ】

地場産市場ひだは、国道41号線沿いにあるので行き帰りに立ち寄りやすくて便利。

【古川町 三寺めぐり朝市】

三寺めぐり朝市は、古川町散策の途中に。

二つの市場では季節の野菜も販売しています。

山菜は時期次第になるので、問い合わせておくと確実です!

山菜をどうやって調理したらいいかわからない・・・という場合は、店舗のスタッフさんに聞いてみてください。

おいしく茹でるコツや意外と簡単な調理法など、教えてくれますよ!

わらびとかだったら、茹でてそのままお味噌汁に入れたりサラダに入れたり、そんな食べ方も簡単でおすすめなので、ぜひ挑戦してみてください!

それから、古川町数河の池田荘では、要予約で自分で採った山菜を夕食に提供してくれるプランもあります。

自給自足で旬のものを味わうって、贅沢です。

飛騨の生活を感じられるプログラムでもありますね。

山菜を採るには様々なマナーがあるので、しっかり守って楽しみましょう!

「飛騨市まるごとお宿で安心テレワーク」してみた前のページ

のんびり春を感じたいなら、桜サイクリング次のページ

関連記事

  1. ちょっとした町の説明

    のんびり春を感じたいなら、桜サイクリング

    冷たい冬の空気からだんだんと春の風になってきましたね~。陽気…

  2. のぞき見飛騨

    冬こそあったまる「飛騨の中華そば」特集!

    飛騨で「ラーメン」と言えば「中華そば」のこと。「高山ラーメン…

  3. ちょっとした町の説明

    「瀬戸川の鯉」が当たり前の風景になるまで。

    古川町で代表的なのは、瀬戸川と鯉の風景。飛騨市役所の無料駐車…

  4. ちょっといい遊び方

    都を造った飛騨の男たちの技を体験できる、飛騨の匠文化館

    今回は、これから来る寒い季節でも雨の日でも遊べる古川町内の飛騨の匠文…

  5. ちょっとした町の説明

    縄文人も愛した妖精が舞う森、池ケ原湿原

    宮川町の奥にある、“妖精が舞う森”を知っていますか?【宮川町…

  6. ちょっといい遊び方

    「何もしない贅沢」ができる宮川町。

    宮川町は、古川町から約25分富山側に進んだところにある小さな町。…

RECOMMENDATION

PAGE TOP