ちょっとした町の説明

のんびり春を感じたいなら、桜サイクリング

冷たい冬の空気からだんだんと春の風になってきましたね~。

陽気が良くなってくると、自転車に乗りたい気分になりませんか?

春に自転車に乗ると、花の匂いとか暖かい空気とか、五感で春を感じてとっても気持ちがいい~

ということで今回は、古川町で桜サイクリングを提案します!

飛騨の桜の見頃は、だいたい4月中旬~GWに入る辺り頃。

やっぱり比較的遅めではあります。

桜が咲いても、まだまだ朝晩は気温が一桁になるのが飛騨なので油断せず!

春でも軽いアウターがあるといいかなと思います。

さて、さっそく古川駅前の宮川タクシーさんでレンタサイクル。

荷物も預かってくれるので、駅のコインロッカーが空いてない場合はここでお願いするといいかも。※現在のレンタル状況はご確認ください。

準備が出来たら、まずは古川小学校の方へ!

ここは観光客があまり行かないエリアだけど、桜並木があるんです。

【古川小学校対岸の桜】

しかも坂道なので自転車で走り抜けたくなる!

川向こうには小学校が見えるので、小さい頃の登下校を思い出したりするかも。

自転車では通れませんが、階段下に停めて吉城橋(荒木川河畔散策路)に上ると、荒木川の気持ちのいい景色が。

散策路には古川祭の屋台の台紋(たいもん)も。

サイクリング中の休憩にもいいし、川の青と桜のピンクの対比がきれいです。

瀬戸川と白壁土蔵街を通り向けて、真宗寺へ。

赤い今宮橋と桜が青い空に映える!

対岸の蕪水亭のしだれ桜もまさに日本の風景!って感じ。

お寺に降り注いでいるようにも見えます。

真宗寺と川沿いの小道を通り抜ける道は、川面もきらきらして見えて気持ちのいい道です。

そのまま自転車で10分くらい走ると、杉崎の御所桜に到着。

杉崎駅のすぐ道向かいです。

夜はライトアップされ、水を張った田んぼの水面に映る桜が絵画のよう!

風のない日はきれいに水面に映るので写真のチャンスです。

ライトアップは、日が暮れた18時半頃から21時頃までされています。

夜もいいけど昼間もおすすめ。

北アルプスも見えるし、御所桜を含む川沿いの桜のアーケードは絶好のお散歩コースです。

今回は古川町の桜スポットを紹介しましたが、全部回ると2~3時間くらい。

サイクリングはそれ以外の季節でももちろんおすすめです。

有名な桜や景色はないけれど、生活の中で季節を感じることって幸せだなーと思います。

古川町は観光するにはコンパクトな町ですが、自転車に乗ると少し遠くまで行けて川や山などの景色の見え方が変わるし、知らなかったお店を発見したりもできるかも。

春のサイクリングを楽しみましょう!

山菜の宝庫、春の飛騨。前のページ

飲んだら健康になってしまう!?古川町数河「タンナカ高原の水」次のページ

関連記事

  1. ちょっとした町の説明

    古川人の心「古川祭」、デイタイムの楽しみ方。

    古川人の心とも言える「古川祭」は、気多若宮神社の例祭で毎年4月19日…

  2. ちょっとした町の説明

    知れば知るほど謎が深まる神岡町

    どこか懐かしい雰囲気が残る神岡町。かつて東洋一の規模を誇った…

  3. ちょっといい遊び方

    白銀の世界にハマる人続出!数河スノーモービル運転体験!

    スノーモービルの運転ができるよ~と聞いたときに想像したのは、…

  4. のぞき見飛騨

    遊びながら健康になれちゃうクアオルト健康ウォーキング

    みなさんは「クアオルト」って知っていますか?クアオルト(Ku…

  5. ちょっとした町の説明

    ハイキングから登山にも!たくさんの植物に会える春の天生県立自然公園。

    天生県立自然公園は、毎年5月の終わり~6月の初旬頃に古川側からの冬季…

RECOMMENDATION

PAGE TOP