ちょっといい遊び方

これぞ“古川やんちゃ”!古川祭の起し太鼓!

古川の心とも言える「古川祭」は、気多若宮神社の例祭で、毎年4月19日、20日にの2日間行われています。

古川の人たちは、この日を楽しみに1年を過ごしていると言っても過言ではありません!

絢爛豪華な「静」の昼とは打って変わって、夜は熱気あふれる「動」の表情をみせます。

古川祭 起し太鼓(19日)】

19日の夜に行われるのは「起し太鼓」という裸祭。

※2022年度は従来の形では中止となり、出立祭と四神挨拶行列という形での開催となりました。

かつては、20日の神事の準備をさせるため、19日の真夜中に出発し町内の氏子を起こして回っていたため、「目覚まし太鼓」とも呼ばれていました。

現在はまつり広場を20時半に出立し、0時頃まで町の中を巡り、再びまつり広場に帰ってきます。

【各台組の付け太鼓】

200人余りの担ぎ手たちは、大太鼓にそれぞれの地区が保有している「付け太鼓」を担いで近づき、大太鼓の後を追うように競い合いながら進みます。

この攻防戦もみどころのひとつ!

大太鼓に一番近づくことが名誉とされているそうで、自分たちの台組(たいぐみ)の名前を掛け声としながらぶつかり合って大太鼓を追います。

【付け太鼓】

古川には、男たちの気質を表す「古川やんちゃ」という言葉があります。

祭はまさに「やんちゃ魂」の本領が発揮されるところ!

言葉は荒っぽいイメージですが、ひとつの物事に団結してひたむきに向かうという意味があるらしく、そういう共同体意識が町を支えている部分でもあります。

4月後半でも飛騨は夜になるとまだまだ寒い・・・。

なので火をたきながら地酒を飲んで体を温めます。

古川の人たちはお酒の席でも日本酒をよく飲みますが、それは祭と密接につながっているからなんだな~と。

【高張提灯と丸子提灯】

男性だけでなく、女性や子どもたちも赤と白の丸子提灯を下げて起し太鼓の前を歩いていきます。

【とんぼ】

また、男たちは自分たちの士気を高め勇壮さを見せつけるために「とんぼ」をきります。

約3mある付け太鼓を立てて上に登り、背筋を伸ばして回ったりひっくり返ったように姿勢を変えたりしてパフォーマンスをします。

これは起し太鼓が出立する前のまつり広場や、起し太鼓が町の中を通る前に通りの各所で見ることができますよ!

【とんぼ】

気持ちが高まってきたら始めるので、そのあたりで突然始まることも。

なので見逃さないようにしてくださいね!

メインの起こし太鼓以外にもたくさんの楽しみ方がある19日の夜です!

祭当日以外は飛騨古川まつり会館で、祭の様子を楽しむことができます。

季節を知らせる、まつり会館オリジナルメッセージカード&ポストカード完成!前のページ

動物もグルメも体験もキャンプも・・・欲張りつつのんびりもできる山之村牧場へ!次のページ

関連記事

  1. ちょっといい遊び方

    和ろうそくの魅力に再注目!

    飛騨市古川町には『三嶋和ろうそく店』というお店があります。全国に10…

  2. ちょっといい遊び方

    飛騨をのぞき見!春ver.

    春シーズンの記事を集めました!ご参考になれば!わらび…

  3. ちょっとした町の説明

    地元ではおなじみの「三寺(さんてら)」って何のこと?

    古川町でよく耳にする「三寺(さんてら)」というワード。当然の…

  4. ちょっといい遊び方

    都を造った飛騨の男たちの技を体験できる、飛騨の匠文化館

    今回は、これから来る寒い季節でも雨の日でも遊べる古川町内の飛騨の匠文…

  5. ちょっといい遊び方

    動物もグルメも体験もキャンプも・・・欲張りつつのんびりもできる山之村牧場へ!

    飛騨地方を代表する豪雪地帯の山之村。雪が多い飛騨の平地でも山…

  6. ちょっとした町の説明

    古川町の江戸時代にタイムスリップ!

    古川町といえばこの白壁土蔵街。【古川町 瀬戸川と白壁土蔵街】…

RECOMMENDATION

PAGE TOP