ちょっといい遊び方

「何もしない贅沢」ができる宮川町。

宮川町は、古川町から約25分富山側に進んだところにある小さな町。

ゆーっくり時間の流れている宮川町の春から夏を紹介をします。

【宮川町 種蔵】

このシーズンは宮川町で楽しめることがいろいろ!

自然の多い地域で、季節の流れに沿って時間が進んでいきます。

宮川振興事務所裏のアジサイ】

梅雨時期は、宮川振興事務所裏は国道360号線の道路沿いのあじさいがとってもきれい!

大きなてまり咲きのアジサイが咲き揃います。

走行中に見とれてしまいそうですが危険なので、安全に停車して。

写真でも撮りながらゆっくり見る価値のあるアジサイ通りです。

【宮川町 ナチュールみやがわ

宮川振興事務所から車で約4分のところには「ナチュールみやがわ」。

バリアフリーのコテージもあって、そういう配慮も嬉しいところ。

アウトドア初心者にもおすすめの設備完備です。

もう少し進むと「種蔵」という集落があって、ここはまさに日本の原風景。

石積みの棚田と昔は食料などを保管していた板倉が特徴で、山道を抜けて種蔵の集落がひらけるところまで来ると、ふーっと力が抜けてリラックスできるような風景が広がっています。

【宮川町 種蔵】

田植えや稲刈りをしていたり、ミョウガなど畑の世話をしていたりする地元のおばあちゃんたちも風景の一部のよう。

【宮川町 板倉の宿 種蔵

大きな梁の広々とした古民家「板倉の宿 種蔵」でのんびりステイも出来て、これもまた現実を忘れられそうなかんじ。

宿で行っている自然の中での体験もあるし、色どりの良い地元食材を使った健康的な食事が最高!

ファミリーや友達同士はもちろん、静かな環境なのでワーケーションにもいいかも。

【宮川町 板倉の宿 種蔵

宮川町は、少し疲れた大人たちにも自然大好きな子どもたちにもぴったりかもしれません。

【宮川町 ぼっか煮さわ

帰りがけには、川魚の甘露煮「ぼっか煮」や飛騨牛しぐれでおなじみのぼっか煮さわでお家用のおみやげを。

いつもの食事が少し豪華になるのにほっこりする味。

【宮川町 種蔵】

特別な何かがある!というよりも、「何もしない」を楽しめる場所でもある宮川町。

忙しい普段の生活では忘れている自然の流れに気づけるはず。

たっぷり時間をとってリフレッシュしていただくのにおすすめの場所です!

実は宮川町は、夏は鮎釣りで有名な場所でもあるんですよ!

雪溶けを待ってオープンする池ケ原湿原も宮川町。詳細はこちら。

ちょっといい雨の日の遊び方。前のページ

超超マイクロツーリズム、「JIMOTRIP」始まります。次のページ

関連記事

  1. ちょっといい遊び方

    おいしい地酒と手作りのラベルでお酒も進む!「オリジナル酒ラベル作り」

    古川町には、蒲酒造場と渡辺酒造店という歴史ある2つの酒蔵があります。…

  2. ちょっといい遊び方

    存在するのに「地図にない里」、山之村。

    岐阜県東北端にあるのは、飛驒市神岡町「山之村」。標高850 …

  3. ちょっとした町の説明

    「瀬戸川の鯉」が当たり前の風景になるまで。

    古川町で代表的なのは、瀬戸川と鯉の風景。飛騨市役所の無料駐車…

  4. ちょっとした町の説明

    居住地が7/100%の飛騨市って・・・?

    飛騨市は、岐阜県の最北部に位置する市で、2004年の平成の大合併によ…

  5. ちょっとした町の説明

    山菜の宝庫、春の飛騨。

    山菜が出てきだすと、一気に春になったな~と実感しますね。食べ…

RECOMMENDATION

PAGE TOP