ちょっとした町の説明

和ろうそくの魅力に再注目!

飛騨市古川町には『三嶋和ろうそく店』というお店があります。
全国に10軒程度しかない和ろうそく店の中でも、すべて手作りなのは三嶋和ろうそく店だけと言われています。

【三嶋和ろうそく店 外観】
【古川町 三嶋和ろうそく】



近年は和ろうそくより西洋ろうそくが増えてきましたが、おうち時間が増えた今、和ろうそくの魅力が再注目されつつあります。

【古川町 三嶋和ろうそく】


”そもそも和ろうそくと西洋ろうそくの違いは?”

和ろうそくの原料は、ハゼの実の油から抽出した木蝋をはじめとして、大豆から作ったソイワックスや蜂の巣から取り出した蜜蝋(みつろう)など、純植物性の蝋で作られています。


一方の西洋ろうそくは、植物ではなく、石油から採れるパラフィンというものを原料として作られています。


芯は、和ろうそくの場合、い草の髄から取れる燈芯が使われていますが、西洋ろうそくでは糸を使用しています。

炎は、和ろうそくでは大きく揺らぐ、芯が太いため消えにくいという特徴がある一方、西洋ろうそくは小さくて炎も消えやすいという特徴があります。

【古川町 三嶋和ろうそく】


その和ろうそくの炎の揺らぎが精神統一、リラックスなどにいいと注目を集めています。

和ろうそくのことを 7代目 三嶋 順二さんが動画で(10分程度)解説してくれています。

【古川町 三嶋和ろうそく】


和ろうそくの大きさの数え方は『匁(もんめ)』といいます。
匁とは重さの単位で1匁=3.75gです。
和ろうそくの燃焼時間は『3匁 約1時間』『10匁 約2時間』。

【大和(おお わ)ろうそく】

飛騨市古川町で行われる三寺まいりでは、お寺に3貫500匁(約11kg)の大和ろうそくに炎が灯されます。

【三寺まいり】


ちなみに道路には約2mもの巨大ろうそくが設置されます。(コチラは雪像なので和ろうそくとは異なります。)

【町並みに並ぶ雪像ろうそく】


そんな和ろうそくを体験してみてはいかがでしょうか?
ネット購入はコチラから
ヒダスケ!というプログラムでは和ろうそくアンバサダーが活躍しています!

冬の古川の歩き方前のページ

古代から現代へ健康の知恵、飛騨の薬草とひだ森のめぐみ次のページ

関連記事

  1. ちょっとした町の説明

    祭の息遣いが聴こえる飛騨古川まつり会館

    毎年4月19日、20日の2日間を通して行われる古川祭。実…

  2. ちょっとした町の説明

    存在するのに「地図にない里」、山之村。

    岐阜県東北端にあるのは、飛驒市神岡町「山之村」。標高850 …

  3. ちょっとした町の説明

    居住地が7/100%の飛騨市って・・・?

    飛騨市は、岐阜県の最北部に位置する市で、2004年の平成の大合併によ…

  4. ちょっとした町の説明

    「瀬戸川の鯉」が当たり前の風景になるまで。

    古川町で代表的なのは、瀬戸川と鯉の風景。飛騨市役所の無料駐車…

  5. ちょっとした町の説明

    凍てつく冬に作る山之村秘伝の「ごっつぉ」

    岐阜県東北端にあるのは、飛驒市神岡町「山之村」。標高850 …

  6. ちょっとした町の説明

    実は飛騨一、華やかな場所だった!昭和のなごりを感じる神岡の花街さんぽ。

    かつて東洋一の規模を誇った日本有数の亜鉛の山、「神岡鉱山」。…

RECOMMENDATION

PAGE TOP