のぞき見飛騨

見頃が短い飛騨市いちばんの紅葉スポットへ!

1年の半分を雪に閉ざされる天生峠は飛騨市河合町と大野郡白川村の境目。

登り切った頂上に天生県立自然公園があります。

飛騨古川駅からは車で約50分。

道中は山道ですがマイクロバスサイズまでは通れるし、道路は整備されていて駐車場も広いので安心。

赤い屋根の建物がトイレです。

【天生県立自然公園の駐車場】

例年5月下旬頃に天生県立自然公園への道の冬季閉鎖解除になりますが、もっと遅れる年もあり、道の開通はその年の雪次第です。

道の閉鎖は例年11月初旬頃。

その頃になると天生県立自然公園には霜がおり、初雪が降り出します。

【霜の天生県立自然公園】

登山口から木平分岐までは2時間~2時間半程度。

そこから籾糠山へと続いていきます。

【紅葉の頃の天生県立自然公園】

個人的には、木平湿原の方を通ってカツラ門に周り、降りてくるルートがちょうどいい。

山登りに慣れてなくても辛くなくて楽しめるルートです。笑

【木平湿原】

木平湿原には食虫植物であるモウセンゴケがたくさん生息しているのですが、秋になるとさらに真っ赤に!

コケも紅葉するんですね~!

【カツラ門】

カツラ門は天生県立自然公園の中でもメインスポットです。

このそびえ立つ大きな木の前に立つと自然の力を感じます・・・。

秋にはもう寒いのでウィンドブレーカーなど必要ですが、足元は歩きやすいスニーカーでも大丈夫だと思います。

籾糠山まで登る場合はもう少しハードな道のりになるので十分に準備してくださいね。

天生県立自然公園にはたくさんの種類の植物や木々があり、それが10月中旬から下旬にかけて一気に色付きます。

紅葉の見頃は短いので、天気がいい日に合わせて行ってみて下さいね!

詳しい情報は、飛騨市・白川郷自然案内人協会まで。

遊びながら健康になれちゃうクアオルト健康ウォーキング前のページ

まるでファンタジーの世界。安峰山(あんぼうさん)の雲海次のページ

関連記事

  1. ちょっとまとめたやつ

    飛騨をのぞき見!夏ver.

    夏のおすすめを集めた「のぞき見飛騨 夏」が完成してます!海も…

  2. ちょっとした町の説明

    山菜の宝庫、春の飛騨。

    山菜が出てきだすと、一気に春になったな~と実感しますね。食べ…

  3. のぞき見飛騨

    のぞき見飛騨 秋

    「のぞき見飛騨」は、飛騨市観光協会が四季で発行している季節パンフです…

  4. のぞき見飛騨

    地元民だけが知る!?飛騨のフレッシュな秋の味覚。

    地元では定着している「飛騨りんご」ですが、飛騨がりんごの生産地だとい…

  5. ちょっといい遊び方

    都を造った飛騨の男たちの技を体験できる、飛騨の匠文化館

    今回は、これから来る寒い季節でも雨の日でも遊べる古川町内の飛騨の匠文…

  6. ちょっとまとめたやつ

    飛騨市の冬がはじまるよー

    そろそろウィンタースポーツシーズンが近づいてきました!202…

RECOMMENDATION

PAGE TOP