HIDA BOOK TRIP

民話:長兵衛とガオロ

宮川町が舞台になっている「長兵衛とガオロ」という民話。

話の内容は読んでもらうとして、ガオロと人間が違和感なくコミュニケーション取れているこの時代。

昔は本当にそんな世界だったのかもな~と想像しながら、今の宮川町とリンクした旅へ。

あ、そうそうガオロって、飛騨の方言で河童のことです。

宮川町だけでなく、飛騨地域にはガオロの昔話はいくつもあります。

川が生活の一部にある飛騨地域、かつて河童と共存していたとしても不思議じゃないのでは?

この民話にも出てくる宮川町は、河童がお返しをくれたように川魚が豊富。

「宮川のあばれ鮎」と呼ばれるように、広葉樹が多い飛騨市ではミネラルを多く含んだ水で鮎が成長するため暴れるほど元気がよく新鮮な鮎が生息していることで有名です。

そんなおいしい大好物の川魚をこの民話の河童はお礼にくれたなんて、いいやつ。

最大のお礼って感じですね。

宮川町には初心者向けのアウトドア施設もあるので、川魚初心者の人はこちらへ。

子どもたちのキャンプデビュー人もぴったりです!

それから宮川町が舞台になった民話には、池ケ原の大蛇の話も・・・

今ではこんなにきれいなミズバショウが見られているのも、そういった話があっての平和さなのかもしれませんね。

また、この民話に出てくるような水屋。

昔はどこの家にもあったみたいですね。

神岡町には、現在でも現役で町民に使われている水屋が点在しています。

昔話の生活の中にあった水屋が今でも使われているなんて、なんだか本当に物語の中に入ってしまったみたいですよね。

民話ひとつに沿っても、なかなか盛りだくさんな旅ができそうです。

さあ、”長兵衛とガオロ”の旅へ!

ロマンシングヒ・ダ前のページ

民話:月をのんだむすめ次のページ

関連記事

  1. HIDA BOOK TRIP

    夢のあとみたいな飛騨市の風景 by FOLK FOLK FOLK!!!

    「HIDA BOOK TRIP」は、飛騨市図書館と飛騨市観光協会の共…

  2. HIDA BOOK TRIP

    『羊をめぐる冒険』

    【JR飛騨古川駅】僕はあわてて網棚から二人ぶんの荷物…

  3. HIDA BOOK TRIP

    『ダンス・ダンス・ダンス』-文化的雪かき

    君は何か書く仕事をしてるそうだな」と牧村拓は言った。…

  4. HIDA BOOK TRIP

    『ダンス・ダンス・ダンス』-もう四月だ。

    眠くなると、僕はグラスを流しで洗い、歯を磨いて眠った。一日一…

  5. HIDA BOOK TRIP

    民話:高田神社の獅子舞

    子どもの頃って自分の地域のお祭りが当たり前かと思っていたけど、実はそ…

  6. HIDA BOOK TRIP

    神岡に潜むあの絶景 in WORLD TRIP IN HIDA

    「HIDA BOOK TRIP」は、飛騨市図書館と飛騨市観光協会の共…

RECOMMENDATION

PAGE TOP