ちょっとした町の説明

町内の誇りでもある「台紋」のをゲット!

古川町の人たちにはなじみの深い「台紋(たいもん)」って、ご存じですか?

屋台についている提灯にも施されているこのマーク。

町内の人が持って行列する丸子提灯(まるこちょうちん)や付け太鼓にも施されているこのマーク。

法被にの背中にもいるこのマークです。

古川祭の時はとにかく至るところで台紋を目にします。

祭区域の町内ではそれぞれに屋台を持っていて、それに対応して台紋もそれぞれ違います。

台紋は屋台の名前にちなんでいるものが多く、例えば「金亀台」なら亀の甲羅をモチーフにしたものとか、「麒麟台」なら麒麟の顔を正面からみたものとか、そんな風に決まって来ているそうです。

また、かつての城のお膝元の地区はその城主の家紋を台紋にしていたり、能の謡曲を絡めて鶴をモチーフにしたものなど歴史的な背景もあります。

そうなると屋台がどうしてこういう形になったかに繋がってきて・・・知れば知るほど深い世界です!

祭の時には法被として背中に背負ったり、付け太鼓として掲げたり、誇りをもっているものなんでしょうね。

台紋を見て「これは~台や!」って分かるようになったらあなたはもう古川祭マスターです!

そんな台紋を身近に!ということで、飛騨古川まつり会館では、缶バッヂにしてカプセルトイでの販売を始めました!

もしかしたら地元の人の方が欲しかったりして。笑

ぜひコンプリートして古川祭マスターへの第一歩を!

いつもより少し遠くまで行きたくなる、クロスバイクレンタサイクル前のページ

飛騨市の宿に泊まって宿泊代5,500円につき1,000円もらえる!「観光促進クーポン」スタートしました~次のページ

ピックアップ記事

  1. ちょっとディープな町の説明まとめ vol.2 三寺まいりver.

関連記事

  1. ちょっとした町の説明

    「瀬戸川の鯉」が当たり前の風景になるまで。

    古川町で代表的なのは、瀬戸川と鯉の風景。飛騨市役所の無料駐車…

  2. ちょっとした町の説明

    飛騨の冬のやわいと暮らし

    飛騨で雪がたくさん降ることはよく知られていますが、そういう地域では冬…

  3. ちょっとした町の説明

    知れば知るほど謎が深まる神岡町

    どこか懐かしい雰囲気が残る神岡町。かつて東洋一の規模を誇った…

  4. ちょっとした町の説明

    飛騨のオトナの常識「めでた」とは?

    飛騨の大人ならみんな知っている「めでた」。実は飛騨の文化と密…

  5. ちょっとした町の説明

    縄文人も愛した妖精が舞う森、池ケ原湿原

    宮川町の奥にある、“妖精が舞う森”を知っていますか?【宮川町…

  6. ちょっとした町の説明

    大人から子どもまで全員参加!?町の歴史が見える神岡祭。

    毎年4月の第4土曜日に行われるのが、高山祭、古川祭と並ぶ「飛騨の三大…

RECOMMENDATION

PAGE TOP